読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃく.com

ビューティフルなヒューマンです。

類は友を呼ぶの続き。

こんばんわ、けんちゃくです。


昨日の続きなんだけど、最初からおかしかったからね。後で訊いたんだけど、元々はお好み焼き屋をやるって社長が思いつきで言い出して、なんとなく関西人を探せってなっておれちゃんが紹介されたらしい。スタートからあほである。


実際に知り合いに紹介されて面接したら、思ったよりも(こき)使えそうだったから、お好み焼き屋の話は無くなったらしい。


社長はとにかく金を引っ張ってくる才能は天才的だったからね。ある意味フェラーリは儲かっている、金を持っている、羽振りが良いなどの印象を与えるための武器だから正解と言えば正解なんだけど、実業が伴ってないと、あんたそれは詐欺だからね。


実際にいろんなところから融資をうけて、謎の相談役という名目のオールバックでずっと舌打ちをしているチンピラみたいのが後半出入りしていた。


辞めたのは、ちょうど社内ベンチャーの立ち上げで、引き継ぎが全部済んでいて、まだ新しい事業もスタートしてない段階だったから、辞める最高のタイミングと言うのもあった。


因みに辞めて直ぐ箱根で三泊して、そのあと家で四日間ゲームしていた。約丸一年間、休みなしで起きている時間全て仕事をしていたからマヒしていたけど、仕事のスイッチを切ったら身体中が激痛で、痛くないところが無かった。


一週間後に携帯をみたら着信が1000件を超えていた。充電して電源をいれるや否や(アズスーンアズ)直ぐに着信があり、面白いから出てみると、

社長『お前のせいで会社がメチャクチャだ』
らしい。
超キレててワロタ。

社長『この落とし前、どうすんだ?』
だってさ。

俺ちゃん『フェラーリ売れば良いんじゃないですか?』
と提案すると、

社長『そんな問題じゃない』
らしい。

あんまりにしつこいから、
俺ちゃん『今、どこですか?行きますよ(コロシニ)』
と言ったら、

社長『事務所(渋谷)に来い』
と言われて、

横浜からバイクでかっ飛ばして事務所に行ったら、面識のない180センチ100キロと190センチ100キロのヤツがいて、

社長『辞めたかったら、闘え』
と言われたから、

おとなしくちゃんと最後の命令に従った。


一年くらいしか居なかったし、暗黒企業だったけど、今思うと充実して楽しかったなぁ。これがダメなんだろうな。ブラック企業がなくならない原因。



おしまい。


ZOZOTOWNの前澤さんは、ジェット機を購入したり、バスキアの絵を買ったり、羽振りが良いし計算なんだろうけど、あの手のニュースを聴くと心がザワザワする。一部上場までしているし、前澤さんはちゃんとした人なんだろうけど、情緒がぐにゃぐにゃになるから困る。


今日も武勇伝を語るAIの書いた文章を読んでくれてありがとうございます🙆パーフェクトヒューマンKでした。

類は友を呼ぶ。

こんばんわ、けんちゃくです。

みんな、ちゃんとした仕事の悩みがあっていいな。おれはいつもどうしようもなく、しょうもないことでつまずく。


上司が億を越える横領をしていたり、金を盗んで逃げたり、逆に金を自分が盗んでいるのに強盗に入られたと虚偽の通報をして、警察から取り調べを受けて、つじつまが合わなくなり逃げて、後にあっさり捕まったヤツとか、数えたらきりがない。



知りあい紹介で、ある会社に入社した。社長はノリの良い感じのいい人なのだが、とにかく派手な人で一緒にいて楽しかった。

会社はおれを合わせて四人しかいなくて、ギリギリで経営していた。元々は家具の修理の会社だったらしいが、おれが入った頃は、アパレルと携帯電話を売っていた。この時点で意味がわからん。おれが入ったことにより、さらに超スピードで変な会社に変貌して、実はおれは座敷わらし的な存在なので、職種など一切問わず業績が上がりまくる。一応、やることはやるんだけど、とにかく実力以上の結果が出る。

メチャクチャな経営なのに業態転換をさらに何度か繰り返して、半年後にあっさりと軌道に乗った。まとまったちょっと大きめのギャラが入って、事務所を引っ越さないと、設備投資をしないと、新しいスタッフを増やさないとなど、いろいろ今後の展望考えて、ウキウキしていたら、ヴグオーーーンというありえない様なからだの芯に響く爆音がして、何事かと思い会社の外をみたら、社長がフェラーリに乗って登場した。『かっこいいですね(オマエコロスゾ)』と言い残し、その日以降、二度と出勤しなかった。


未だに連絡がある。電話番号を変えても、引っ越しても未だにつきまとわれてる。多分、最後は殺されるね。


今日もおもしろAIが書いた文章を読んでくれてありがとうございます🙆

もうこんな面白い大統領選挙は見れないだろうな。

こんばんわ、けんちゃくです。


大統領選挙面白かったね。もうちょっと、しがんで楽しみたい。


結局、『隠れトランプ』って言われているけど、どちらかというと『アンチヒラリー』の方がしっくり来るね。
つまり、『ヒラリー支持者』vs.『アンチヒラリー』の戦いで、ヒラリーの一人相撲だ。


ヒラリーの最大のウイークポイントは演説の下手さで、トランプの最大の武器は演説の面白さで、プロレスに巻き込まれたらこうなるわな。


トランプを予想していたと言うコメンテーターも胡散臭いよな。逆張りした方が仕事は増えるから評論家やコメンテーターをタレントとして考えたら優秀だけど、予想が当たったのはただの運だろ。直前のFBIの捜査がポイントだろうから、予測なんでできるはずがない。最終的には僅差で負けて、得票数ではむしろヒラリーの方が勝っていたわけだからね。


結果が出たあとから、実際はトランプの方が現場では人気があったみたいな作りの番組を見たけど、それは自分の意見を補強するために自分に都合のいい情報を集めただけだろ。検事が犯人である証拠ばっかり集めて、犯人でない可能性のある証拠は集めないみたいなのに似ている。何も信用できないね。


選挙に興味があまりない人が、不安に煽られてとる行動はほんとに困るけど、頭をよく見せかけるテクニックだけが発達した高学歴インテリの発言もなんか怖いね。


興味の対称が何に向いているかだけでインテリ風に扱われているが、頭の良さと言う点ではヱヴァンゲリヲンの考察が鋭い人の方が良かったりする場合もあるから、世の中の基準はわからん。昔と違って、今はお金が儲かるのは後者だから、別に良いけどね。


結果としてトランプは思ったより、優秀な大統領になりそうなのが一番うける。


選挙のプロレスは面白かったから、実際の政治ではコントがみたい。


イケイケ社長の親父と超インテリ美人の娘が、揉めに揉めて分断する『大塚家具のお家騒動』みたいなのとか、実はバロン君のDNAを鑑定をしたらゴニョゴニョでしたみたいなのとか、やっぱり、実はかつらでした。みたいな三部作を期待している。


今日も素敵AIが書いた文章を読んでくれてありがとうございます🙆素朴スタッフKでした。

LINEがブログをはじめたらしい。

こんばんわ、けんちゃくです。

LINEがブログをはじめたらしい。正確には一般解放した。

なんというタイミングだ。

楽天バイルに乗りかえたら、LINE MOBILEを発表し、はてなブログproでブログをはじめたらLINEblogの一般解放ときた。

楽天バイルも、はてなブログも何一つ不満はないけど、何かちょっとだけ、ほんのちょっとだけLINE MOBILEとLINEblogの方が良さげなんだよな。

わらかすくらい相性が悪い。

今、二者択一だったら、とりあえずLINEを試すだろうな。

Twitterとblogのちょうど中間の存在でスマホのアプリでしか書き込めないとは、なんと理想的なプラットホームだ。

というか完全におれように作ったのではないかと勘違いしている。実際にはてなブログで同じことをしていた。

インスタグラムを始めようとしてみたけど、これもいつの間にか、足跡機能が実装されたらしい。なんかやだ。なんかはわからないがなんかやだ。

せちがらい世の中です。

はてなブログに課金してるし、独自ドメインが楽しいから、もう少しはてなブログを続けるけどね。

追伸
ブログは面白い。

今日もベテランAIのかいた文章を読んでくれてありがとう🐮バイトスタッフのkでした。