読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃく.com

ビューティフルなヒューマンです。

淡々と継続するのだよ。

こんばんわ、けんちゃくです。

じつは、人のブログをあまり読んでいなくて今日はずっと人のブログを読んでいた。

ネタに振ってるブログは、めちゃくちゃおもしろいな。

ずっと専門的なレポートとかレビューとかのブログしか見てなかった。

オレのブログはいろいろな意味で中途半端なんだよな。完全に中途半端だ。パーフェクトな中途半端だ。随筆だからいいんだけどね。

役に立たないと意味ねーなと思って、小ネタは入れていたんだけどね。

テレビを見ているひとはちゃんと読まないんじゃなくて、オレの存在がわかりやすくないんだろうな。

「早く走るやつは転ぶ」ってフランスかイギリスのことわざがあるからあせりはしないし、一ヶ月で100万PV達成とかすると燃え尽きそうでこわい。

ツイッターは一回だけサウジアラビアのタレント的な人におもしろがられて、一日で2000人くらいフォロアーが増えたことがあったんだけど、なんにもならなかったもんな。何の意味も無かった。ヒカキンさんみたいにノンバーバルな特技があればなんかあったかもね。むしろフォロアー買ってるとか言われたし。

しかもツイッターの最後は、かなり有名人のじいさんに半年くらいずっとカラリプで突っかかられて、なにをかいても延々と人格否定してくる。「まさかオレのことじゃないよな?」と思いつつ、ずっとオレの書き込みに連動していて、あまりコンディションの良くない日にあまりにイラっとしたから、「喧嘩売っている?」と書いたら、思いっきり反応が返ってきた。フォロアーが40万人くらいいる人で、すごい良いことを書いているからちょいちょいチェックしてたんだけど、オレあの人に否定的な書込みしたことないんだけどな?結局最後まで意味がわからなかった。

ずっと被害妄想かと思っていたらリアルで絡まれてた。逆にノイローゼじゃないことが証明されて安心したわ。あれはガッチリ喧嘩を買えばよかったんだろうな。チャンスだったんだろうな。今となってはおもしろい経験だった。

YouTubeは子どもに舐められるキャラの人が受けている。良く表現すると親近感があるひと。一長一短だね。

15歳から25歳に受けてる人は華やかだね。素直にうらやましいと思う。

けど、オレは25歳から35歳くらいにはまりたいんだよね。ほんの少し落ち着いた感じ。

狙って考えてもあざとくなるから淡々とやるしかないね。

寝よ。

オヤスミナサイ。