読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃく.com

ビューティフルなヒューマンです。

不動産屋さん。

こんばんわ、けんちゃくです。

賃貸契約ができないと嘆いている四十路のライターがいるらしい。不動産の審査が厳しすぎると不満タラタラの記事を書いて叩かれているみたいだ。

確かに取材力が低すぎるね。部屋借りるのなんか無職でも簡単だからね。

審査を落としているのは大概、大家じゃなくて管理している不動産屋だからね。取り立てたり、追い出したりするのは管理会社だから、面倒くさそうなのは管理会社が審査をおとしている。大家まで話すら行っていない。特に港区渋谷区目黒区みたいな日本中から勝手に客が来るような土地だと、管理会社が権力者気取りですごい態度か悪い。年配の大家だと管理会社なんて簡単には変えないからやりたい放題だ。

方法としては、仲介だけをやっている不動産屋さんに行けば、とにかくどんな手を使ってでも突っ込んでくれるよ。契約できないと給料ないからね。しかも、突っ込んだあとは知ったこっちゃないからね。いろんなテクニックがあるけど、書くと本当に困っている人が、借りれなくなるから書けない。まあ、それのせいで借りにくくなってるんだけどね。

シェアハウスもあるし、貧困ビジネスもあるし、ライターだったらおもしろいとこに住んでレポートしたほうが良いんじゃないの?

ライターだったらノマドの方が、フットワーク軽くて良いのにね。

俺は、マンスリー契約できる面白そうなところはマン喫、倉庫、ビデオボックス、カプセルホテルと一通り住んでみたけどね。全部トラブルだらけで毎日、めっちゃ面白かったけどなぁ。

ライターとしてメディアに関わっているなら、もう無敵でしょ。極端な話をすると人を殺めてもネタになる。

記事にするなら、断られたって記事ではなく、無職のふりして不動産屋さんを何軒もまわってみたが正解じゃないの?

よくわからんけど、いろんなライターもいるってことね。そういう人がいても良いのかな。俺の方が変な記事をかける自信あるけどね。日本語がポンコツだけど。

 

今日も読んでくれてありがとうございます🙋