読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃく.com

ビューティフルなヒューマンです。

つねにだらだらしてる。死ぬまでだらだらする。

こんばんわ、けんちゃくです。

おれは変なんだけど、それを上回る変なことがよく起こる。

頻繁に銀行引き落としが失敗したり、ダブルブッキンクされたりする。コンビニ強盗に遭遇したこともあるし、百万円単位の財布の落とし物を拾ったりする。

こっちがヘンテコなのと、向こうのミスがすごい確率で重なる。おれがヘンテコでヘンテコな人を引き寄せているのだろう。

得することもある。ちょっと高級なホテルを予約したとき明らかにダブルブッキンクされて同じ料金でスイートルームに泊まれたり、飛行機の搭乗手続きでこっちに並べと言われたからおとなしく並んでたら、直前でもう間に合わないからこっちを通って下さいと言われて、国賓とか有名セレブが利用する特別ルートを使わせてもらったりする様なことが、かなり高い確率で起こる。

何なんだろうな?歩き方も変だと言われるし、チョイスや立ち位置がすべてずれてるんだろうな。

おれは、宝くじに当たって、すぐ隕石に当たって死ぬかもしれない。それくらいヤバい。

まわりはどんどん出世していくのに、おれは一体何をしているのだろう。

まあ、困ったことに楽しいから危機感ゼロなんだよな。

早く湿度が低くて暖かい地域に移住しよう。ウヒョー

Googleさん国を作ってくれないかな。直ぐに亡命するのにな。


今日もヤミヤミAIが書いた文章を読んでくれてありがとうございます😃

方向性が定まらない。

こんばんわ、けんちゃくです。

 

このトシになってもいまだに何になりたいかがわからない。

自分のなかで『面白い』と『お金を稼げる』の2つの軸があり、両方兼ね備えた存在になりたいと思っている。

文章を書いていてもそこがネックになっている。

1 真面目な文章に真面目な内容

2 ふざけた文章にふざけた内容

3 真面目な文章にふざけた内容

4 ふざけた文章に真面目な内容

の四つに分けて、1と2はそのままで成立していて、3も崩しのテクニックで成立するが、4を成立させるのは相当難しい。

もしかしたら、4のふざけた文章に真面目な内容にチャンスがあるかもと思い、挑戦ちゅう。

まあ、箸にも棒にもひっかからん。

知的水準も、文章テクニックもかなり低いからここを伸ばせば良いのか?

架空の存在を作り出して、二人の掛け合い風にすると良いのか?

とか、姑息なことを考えては失敗している。

『面白いを職業にしたお笑い芸人』の逆で、『お金もうけを面白くした存在』を目指せば良いのかな?

お金もお笑いも、考えれば考えるほど意味がわからなくなるからね。

今は敢えて思考停止しているが、また真剣に考えないといけないな。

おれの金もうけの方法は、普通の人には真似できないからね。困った。

 

今日も詐欺的AIの書いた文章を読んでくれてありがとうございます🐒法令遵守スタッフKでした。

ジャイアント馬場のモノマネ葉巻変化説。

こんばんわ、けんちゃくです。

 

ちょっとアントニオ猪木さんをいじったから、次はバランスを考えてジャイアント馬場さんをいじることにする。

 

昔、ジャイアント馬場という偉大なレスラーがいた。温厚な紳士なキャラの人だった。

有名人で人気者だから、よくモノマネをされていたんだけど、定番は鼻の下をのばすようにして、ゆっくりしゃべるだけの雑なものだ。

もう一つ定番のモノマネに、チョップの動きに合わせて『ポー』と発する謎の動きがある。

似てもないし、何なのかもわかんないし、本人も『おれはポーなんて言ってない』と言っていたらしい。

いろいろ考えた結果が、身内のいじりモノマネが変化したのではないかと推察している。

極めて近しいひとが身内同士で、葉巻を吸っている馬場さんのマネをしてうけていたのをみて、あまり馬場さんのことをよく知らないまま、見様見真似でそのままコピーしたのではないかと、要するにモノマネのモノマネだ。

ジャイアント馬場と葉巻のイメージがなく、葉巻を吹かしている動きがなにかわからないで、ジャイアント馬場といえば、チョップと勘違いして、チョップの動きに葉巻を吹かしている『ポー』と言う擬音をセットにしてしまったのではないかという説を考えた。

よくよく考えたら、チョップするときに『ポー』なんて言うわけない。あほか。

考えないでネタをパクったから原型がなくなったのだろう。

やっぱりパクりはダメだが、ジャイアント馬場さんが偉大なレスラーで温厚な紳士だったから成立していたんだろうな。

 

今日もAIが書いたきれいにまとまった文章を読んでくれてありがとうございます🙌邪悪なスタッフKでした。

 

 

 

昨日の補足。

こんにちは、けんちゃくです。

 

昨日の書き込みが、なに書いてんのかわかんないから補足する。

 

昔は、新聞とテレビしかなかったから、過去の情報しかなった。しかも、誘導されてる可能性もある情報しかなかった。

けど、今はネットがありスマホがあるから、リアルタイム情報を誰でも簡単にてに入れることができる。

結果が最後の最後までわからない。

拮抗しているという条件がつくけど、最後の最後で自分の応援している候補が僅差で負けてるとなると、『選挙なんて行っても行かなくても変わらない』と言ってたひとも『自分の一票で結果が変わるかもしれない』となると行動が変わる。

リアルタイムで情報が手にはいるとなると、拮抗している場合、識者の予測が逆にモチベーションを刺激する結果になる。

予測を見て聞いてから、ギリギリで行動が変わり、最後までわからない。

だから、予測が正確であればあるほど、当たっていればいるほど、逆の結果になる。

 

こんな感じのことが書きたかった。

 

さらに追記すると

 

もうメディアの情報よりも、ネットの集合知の方が早くて正確で影響力が強い。

 

リアルタイム情報のおかげで、あとだしジャンケンができるようになったということ。

 

『隠れトランプ』と言いたいみたいだけど、ヒラリーに投票すると言ってトランプに投票した人は少ないだろう。トランプに投票する気の人は、どちらとも言わないで濁していた人の方が多い。つまり、折りこみ済みで違和感がある。

 

わざと触れていないんだろうけど、政治に興味も、知識も、理解もない人も同じ一票を持っているからね。政治学者や政治評論家では理解できないよ。行動主義心理学認知心理学の分野だ。全く違う動きをしている。常識が通じない。けど、民主主義だ。しょうがない。

 

集合知と、あとだしジャンケン対策をしない限り、世界的に似たような結果になる。情報統制なんてできるわけないし、選民思想なんてあり得ないし、現状なにも思いつかない。

 

教育なのか、法律なのか、宗教なのか、国を土地で分ける概念がもはや古いんだろうな。困った😖💦